Breaking News
recent

■『日本一醜い親への手紙~』公式ソング決定!


 全国の書店・ネット書店で発売されている本『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(Create Media編/dZERO刊)の公式キャンペーンソングが決まりました。
 まずは、応募されたすべての作品を、エントリーの遅い順に紹介します











































 短期間の公募ながら21曲のエントリーとなり、応募してくださったみなさまに感謝します。
 今回、子ども虐待をめぐる音楽の表現がさまざまにあることに気づかされました。
 
 「子ども虐待をなくしたい」という思いで作られた歌が1つ増えるたび、その歌を聞く側にも、虐待の苦しみに思いをはせる3分間が生まれます。 
 みなさんが音楽ジャンルを越えて、性や年齢を越えて、「子ども虐待を無くしたい」という思いを分かち合えるチャンスを作ってくれたことを、うれしく思います。



●子ども虐待防止ソングを、100曲に増やそう!

 さて、力作ぞろいの中、選考は本当に苦しみました。

 それでも1作品を選び、『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』公式PVの音源として使わせていただきました。
 では、ご視聴ください。




 今回の公募に当選しのは、カンザキイオリさん作詞・作曲の『愛があれば。』でした。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=YvqhJgAtub4  カンザキイオリ https://twitter.com/kurogaki0311  協力:レコーディング・マスタリング のいず
https://twitter.com/noise19274

 なお、「子ども虐待をなくしたい」という思いをプロのミュージシャンたちと分かち合い、彼らにどんどん新しい歌を作ってもらうために、『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』サポート購入を呼びかけています。

 サポート購入では、みなさんに1冊2000円(税・送料込み)で10冊単位(2万円)で購入いただき、ご指名のプロ・ミュージシャンへこの本を贈るものです。

 振込手続きの際に、贈りたい人の名前を購入する冊数分だけ書いておけば、編集部でそのミュージシャンの住所を調べ、10冊購入なら10人のミュージシャンへ編集部から発送します。
(※編集部では趣旨説明の手紙を同封するため、贈られた方は匿名となります)

 お笑い芸人が漫才で社会問題を語れるなら、ミュージシャンだって音楽で社会問題の当事者にある痛みや苦しみを多くのリスナーに伝えることができるはずです。
 読まれた方なら既にご存知だと思いますが、この本のインパクトは絶大ですから、日本の子ども虐待に胸を痛めたミュージシャンなら、自分の仕事として新しい歌を作ってくれるかもしれません。

 もちろん、プロではないミュージシャンの方々から、「こんな子ども虐待防止ソングを作ったよ!」という報告もありがたいので、僕(今一生)までメールでYoutubeのリンクやMP3ファイルを送ってもらえれば、今後もエントリーサイトへ追加していきたいです。
(※2018年は別サイトを設け、プロジェクトのエントリー曲をまとめます)

 「子ども虐待をなくしたい」という思いが、歌によって一人でも多くの方に伝わっていくとき、これまでのように虐待が起きてからの対症療法ではなく、虐待を起こさない防止策を求める文化が新たに生まれ、子どもの人権と心身を守る制度改革を導くことも夢ではないはずです。

 なので、この取り組みを「子ども虐待防止100 Songs プロジェクト」と名付け、今回の21曲と合わせ、2020年までに残り79曲を多くのミュージシャンが作り出すよう、働きかけていきます。
 100曲の「子ども虐待防止ソング」が数年という短期間に生まれる時、親から一方的に虐待され続ける子どもを救おうという機運が高まり、日本を「子ども虐待のない社会」に変えられるかもしれません。

 一緒に子どもが虐待される世界を変えませんか?
 あなたのご参加をお待ちしています!

★サポート購入
★プロジェクト応援の寄付

【関連ブログ記事】


上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上で、お寄せください。


 共感していただけましたら、下にある小さな「ツィート」「いいね!」をポチッと…

conisshow

conisshow

Powered by Blogger.